【SleeFi】Megumi Genesis Bed争奪戦反省会

こんにちは、SleeFiのOG役職を担当しているSTEELです。約1ヶ月におよぶMegumi Genesis Bedイベントが終了しました。

部門ごとに勝者がもらえるMegumiベッドを巡って激しい攻防があり、特にガチャ部門が凄まじい盛り上がりでしたね!私は資金力がないので傍観しているだけでしたが、正直蚊帳の外すぎて寂しかったです笑。

STEEL

参加された皆様、お疲れ様でした。

そんなこんなで盛況の末終わったイベントでしたが、イベント開始直後に各部門のボーダーラインを勝手に推測していました。そちらが以下の記事になります。

今回は、この記事で予測したボーダーラインの答え合わせを行いたいと思います。私の直感は果たしてどのくらい当たっているのか・・・!?

SleeFiの概要

SleeFiは睡眠計測を行うことでお金が稼げるゲームです。世界中の人々のライフサイクルを改善することを目的としていて、睡眠の質が良いともらえる報酬が高くなる仕組みとなっています。

ゲームに参加するには初期投資としてベッドNFTを購入する必要があります。購入に使用する通貨はAVAXで、ベッドNFTを多く所有するほど報酬が増えるハイリスクハイリターンな投資となります。(ベッドは1台だけでも3~5万円します。正直高いです。)

ベッドNFTを購入したら睡眠計測を行うことで、ゲーム内トークンSLFTを報酬として受け取ることができ、これを別の仮想通貨に換金することでお金を稼ぐことができます。

イベントボーダーライン予測/結果比較

さて、今回のイベントでは部門が合計13個用意されましたが、記事の方では競争が発生する5部門に対して予測をしていました。これらの予測に対しての結果は、以下の通りとなります。

部門Uncommonボーダー予測/結果Commonボーダー予測/結果
🛌Bed mint20回/20回6回/12回
💎Jewel mint50回/80回10回/54回
🍬Item mint7回/59回3回/21回
🪙Normal Gacha1000回/1659回500回/625回
🪙Special Gacha200回/201回50回/112回
表.イベントボーダーライン予測と結果の比較

意外と良い線いったな〜と思いつつ、想定よりも盛り上がったな!と予測の甘さも実感しました。せっかくなので各部門に対してコメントを残そうと思います。

🛌Bed mint部門

こちらはUncommonボーダーピタリ賞、Commonボーダーは2倍足りませんでした。ベッドミントはクールタイムがあること、ミント費用も高いことからそこまで伸びないと思ったのですが、盛り上がりが凄かった証拠でしょうか。

ちなみにUncommonボーダー20回のミントで消費するSLFTは約12,000、Commonボーダーでは約7,200です。実際はもう少し高いですが。

💎Jewel mint部門

こちらは全然ハズレでした。ジュエルはマーケットに安いものが大量に出回っていたため、ミントしようと思えば100回以上できる状態でした。予想を上回ったということは、メグミベッドの価値が想定よりも高いものと捉えられたと言うことでしょう。

ちなみにUncommonボーダー80回のミントで消費するSLFTは6,000以上、Commonボーダーでは4,050以上です。これにジュエル原価が加わります。

🍬Item mint部門

こちらは大外しでした、というのもイベント中にアイテムのエアドロが行われてマーケットの流動性が跳ね上がったため、予測はほぼ意味のないものとなりました。流動性が増したとはいえ、ジュエルと比べるとマーケットに出回る数は少なかったため、序盤に買い占めを行った人が勝利した印象です。

ちなみにUncommonボーダー59回のミントで消費するSLFTは2,950以上、Commonボーダーでは1,050以上です。これにアイテム原価が加わります。今回のイベントで一番戦略性があったのがこの部門でした。戦略性というか、如何に早く買い占めしたか・・・が鍵でした。

🪙Normal Gacha部門

意味わからんほど盛り上がったノーマルガチャ部門。人は何故ガチャを引くのか。私にはわかりませんが、ここまでボーダーが上がるとは思いもよりませんでした。ノーマルガチャは比較的安価にチャレンジできるので、ギャンブラーの心に刺さったんでしょうかね。

Uncommonボーダー1659回のガチャで消費するSLFTは約33,000、Commonボーダーでは約11,200です。ただしガチャ部門はSLFTが返ってくることもあり、期待値的には28.5%のSLFTは返ってきます。

こちらを加味すると、Uncommonボーダー1659回のガチャで損失するSLFT期待値は約23,600、Commonボーダーでは約8,900です。高い!!!

🪙Special Gacha部門

みんなビビりまくってたスペガチャ部門。こちらはUncommonボーダーほぼピタリ賞、Commonボーダーは2倍足りませんでした。どう言うわけかベッドミント部門と同じですね。

また、スペシャルガチャは天井に到達する勇者はいなかったようです。イベント中にスペシャルガチャの価格が変わって環境が変わったりしましたが、流石にSleeFiにウン百万円投資する石油王はいなかった模様。

Uncommonボーダー201回のガチャで消費するSLFTは約20,000、Commonボーダーでは約12,400です。ただしガチャ部門はSLFTが返ってくることもあり、期待値的には21.0%のSLFTは返ってきます。

こちらを加味すると、Uncommonボーダー201回のガチャで損失するSLFT期待値は約15,800、Commonボーダーでは約9,800です。

考察

以上、イベント開始後の予測と結果を比較しました。Uncommonのボーダーはそこそこ当たりましたが、Commonのボーダーは想定よりも高くなりました。

そしてUncommonボーダーに必要なSLFTを低い順に並べると、
🍬Item mint>💎Jewel mint>🛌Bed mint>🪙Special Gacha>🪙Normal Gacha
となりました。

この順位はそのままお得だった部門順になっていると考えても良く、こうしてみるとちょっとメンドクサイもの(参入障壁が高い)ほどお得だったというとても素直な結果となりましたね。

アイテムミントは50万円くらい用意して参戦すべきだったかなぁ・・・

運営への提言

今回はMaxベッド部門以外は最終日の状態でのみ競争が行われたため、最終日より前に行動を起こした人のアクション回数が基準となり、最終日に奇襲のような形でランキング上位に躍り出た人が勝つパターンが多く見られました。

言い換えれば後出しジャンケン状態であり、イベントを序盤から盛り上げてくれたプレイヤーが完全に損を被る展開となっています。今後のイベントでは、このような人にメリットが盛り込まれるような仕組みとしていただきたいところです。

まとめ

ボーダーラインの予測は当たったものもあれば、外れたものもありました。環境が変わったもの以外は大外ししなかったので、割と精度の高い予測ができたのではないかと思っております。

また競争部門で一番お得だったのは、アイテムミント部門でした。マーケットのアイテムを一番早く買い占めた人が圧倒的有利だったということで、先を読む力と行動力が勝利の鍵につながるのかなと感じました。

今回のイベントがうまく行った人も、うまくいかなかった人も、次のイベントでも楽しく盛り上がっていきたいですね!それでは。

SleeFi

Posted by soya