寝て稼ぐ!?SleeFiの始め方・稼ぎ方をゆるっと解説!

2023年12月28日

こんにちは、SleeFi OG役職のSTEELです。私は1年以上前からSleeFiのdiscordに参加しており、SleeFiの計算式の解析などを記事にしています。

オープンβも始まったということで改めてプロジェクトの参加方法を解説していこうと思います。仮想通貨に初めて触れる方にもイメージが伝わると幸いです。

SleeFiとは?

SleeFiとは、寝て稼ぐ(Sleep to Earn)をコンセプトとしたWeb3.0プロジェクトです。

ユーザーはベッドNFTを事前に購入(投資)することでプロジェクトに参加できるようになり、睡眠計測を行うことでゲーム内トークン(仮想通貨)を獲得し、稼ぐことができます。

・・・難しそうな雰囲気が漂っていますが、実際にHPには以下のように記載されています。

SleeFiは「Sleep & Earn」というコンセプトを目指した革新的なWeb3.0アプリケーションです。
全ての人に必要不可欠な”睡眠”を軸としたプロジェクトとなっており、どなたでも参加することができます。
SleeFiでは、ユーザーはベッドNFTを保有することにより、睡眠時間や睡眠の質に応じてSLFTというトークンを獲得することが可能です。

https://sleefi.com/jp/

今までの仮想通貨を稼げるゲームとしては歩いて稼ぐ(Move to Earn)タイプのSTEPNが有名ですが、SleeFiは睡眠というあらゆる人間にとって不可欠な行動を軸に置いている点から、非常に多くの関心を集めています。

またSleeFiはゲームを通して現代人のライフサイクルを改善・向上させることを目的としているところが個人的にはとても好きです。

そんなSleeFiですが、始めるには幾つかのステップを踏む必要があるので、解説していこうと思います。

資金を用意してベッドNFTを購入しよう

SleeFiは仮想通貨でベッドNFTを購入して、はじめてスタートラインに立つことができます。ただ、そこまでが一番難しいと言っても過言ではないでしょう。クレジットカードさえあればいけるでしょ?と思いきや、色々と用意しないといけないものがあるのです。

そこで、本記事では日本円を用意してからベッドNFTを購入する方法の一例を紹介します。イラストで紹介すると以下のようになっております。こちらを最初から解説します。

Bitbankのアカウントを作成する

SleeFiはAVAXという仮想通貨の世界に構築されているWeb3.0ゲームアプリです。つまりAVAXを用意しないとスタートラインに立つことができません。

AVAXはコンビニや銀行で購入することができず、基本的にはAVAXを取り扱っている日本国内仮想通貨取引所を利用する必要があります。

取引所にはコインチェックやGMOコイン、Bitflyerなど色々あり、どこを使っても基本的には差はありませんが、私はBitbankを使用しています。Bitbankが最も取引手数料が安く、入金や送金のスピードも一番です。セキュリティレベルも最高なので、他は使っていません。

(ちなみに大手ブログ記事ではコインチェックをおすすめしていることが多いですが、これはコインチェックが広告費に最もお金を割いているからです。他社と比べて手数料が割高です。)

ということで、どこでも良いのでまずは日本円からAVAXを購入できる国内仮想通貨取引所のアカウントを作成しましょう。アカウントの作成方法はシンプルなので、省略します。

Metamaskのアカウントを作成する

続いて、SleeFiのゲームアカウントにドッキングさせる仮想通貨専用の個人ウォレットを作成します。ここではMetaMaskというWebブラウザの拡張機能やスマホアプリとして利用できる無料の個人ウォレットを使用しています。

Metamaskは基本的にはパソコンの各種ブラウザの拡張機能としてインストールします。こちらは非常に重要な項目であり、私の適当な文章で勘違いさせるわけにはいきませんので、不安な方は信頼性のある情報源から最新の情報を入手して進めてください。

⚠️アカウントのパスワードやシードフレーズは他人には絶対に教えないようご注意ください。

SleeFiのアカウントを作成する

続いて、SleeFiをプレイするためのアカウントを作成します。SleeFiはWeb上でプレイできるゲームという形式でリリースされており、URLからゲームに接続します。実際の接続URLはSleeFi公式HPに記載されています。

またSleeFiは招待制のため、会員登録にはActivation codeが必要です。コードは公式discordやX (旧Twitter)にて配布されています。興味があるのであれば、まずはdiscordに参加することをおすすめします。

discordには日本語チャットという部屋がありますので、まずはそこを目指してください。Activation codeに関して聞けば、有志の方が飛んできてくれるでしょう。ただし寝て稼ぐゲームなので、夜はみんな寝ていて反応がありません笑

なお、ここまで少し説明させていただきましたが、SleeFiのアカウント登録からゲームのプレイ方法に関しては、公式マネージャー様が出しているマニュアルを見た方が話が早いかもしれません。以下にリンクを載せておきますので、是非参考にしてみてください。

銀行→Bitbankに入金する

ここまでの流れで、ゲームを始めるために必要な国内取引所、個人ウォレット、SleeFiのアカウントを作成できました。これからいよいよ仮想通貨の購入の準備をしていきます。

Bitbankの画面ですが、国内取引所への入金は銀行口座への振り込みという形で行います。クレジットカードで直接購入することや、コンビニで買うことはできません。宛先を間違えないようにして振込を行いましょう。

Bitbankで日本円を仮想通貨に変換する

SleeFiの世界で公用通貨となっているAVAXを調達します。Bitbankの取引所でAVAX/JPYから購入を行いましょう。

こちらは画面を見れば手順は大体わかると思いますので、詳細は割愛します。一つ注意事項として、販売所で購入することはオススメしません。手数料が非常に高いです。取引所を使いましょう。理由を理解したい方は「販売所 取引所 違い」などで検索すると仮想通貨取引所について少し詳しくなれますよ。

Bitbank→Metamaskに送金する

調達したAVAXを個人ウォレットに送信します。Bitbankから個人ウォレットに送るときは、メニュー>出金>AVAXを選択し、AVAX引出画面を表示させます。この画面で個人ウォレットのアドレスを入力して引出数量を入力すれば準備完了です。

⚠️ここで個人ウォレットのアドレスを間違えてしまうと、大切なお金が仮想通貨の亜空間に置き去りになり永遠をさまようことになりますので、絶対に間違えないようにしましょう。慣れないうちはテストで100円分ほど送信してみることを推奨します。

個人ウォレットのアドレスはというと、Metamaskで表示させることができます。

以下の画像のようにAccount1の下に0x…から始まるアドレスが表示されているので、こちらへAVAXを送付しましょう。なお画像ではAvalanche Networkというものが選択されている状態となっておりますが、Metamaskをインストールした直後は別のネットワーク(おそらくEthereum Mainnet)が選択されていると思います。

Avalanche Networkを選択するとAVAXの残高を表示できるようになるので、このネットワークを選択して着金を待ちましょう。

Metamask→SleeFiのSpendingに送金する

MetamaskにAVAXが無事入金したら、このMetamaskをSleeFiにドッキング(インポート)させてSpendingにAVAXを移します。

また新しい単語が出てきましたね。SleeFiのゲーム内ではSpendingという財布があり、こちらにAVAXを移すことで初めてゲーム内の取引所でやり取りを行うことができるようになります。

イメージとしては、鉄道に乗るために財布からSuicaにお金を移すのと同じです。財布の現金では鉄道改札を通れないじゃないですか?あれと同じでSleeFiワールドでお買い物をするには、個人ウォレットからSpendingにお金をチャージさせる必要があるのです。

(そういえば最近Suicaの実物も見なくなったなぁ・・・)

ドッキング(インポート)するには以下のように操作します。

SleeFiゲームアプリに接続したら、メイン画面でAVAXのアイコンが表示されていますので、そちらをタップします。するとSpendingやWalletの画面が出てきますので、Walletを選択すると新しく作成するか、インポートするか聞かれます。インポートを選択して、Metamaskのシードフレーズを入力すると、個人ウォレットをドッキングさせることができますよ。

あとは流れでSpendingにAVAXを移して、チャージ完了です!

SleeFiのマーケットでベッドNFTを購入する

チャージしたAVAXを使って睡眠計測を行うためのベッドNFTを購入します。SleeFiの画面でMarketがありますので、自分の睡眠スタイルに合ったベッドを予算と相談しつつ購入しましょう。参考までにベッドタイプごとの睡眠計測時間を貼っておきます。

ベッドNFTを複数台購入することで稼ぐパワーを飛躍的に高めることができますが、ハイリスクハイリターンな投資となります。その辺の細かい話はこちらでは割愛します。

準備完了!お疲れさまでした。

ここまできたら、寝て稼ぐ準備は完了です!世間の常識を打ち破って#SleepToEarnを体験していきましょう!

SleeFiで睡眠計測をしよう

いよいよお金を稼ぐために睡眠計測を始めましょう。計測方法は簡単!以下のステップを踏むだけです。

  1. ベッドNFTをセットする
  2. 起床時刻をセットして、計測スタートする
  3. 起床時刻になったら計測終了をし、SLFTを獲得する
メイン画面でベッドを選択
時刻をセットしてStart
アラーム時刻になったら起きる
スコアに応じてSLFTを稼げます!

このSLFTという仮想通貨は発行枚数無限のゲーム内通貨です。

この通貨はAVAXに換金して利確することができますが、他にもベッドNFTの強化やアイテムの購入、ミント、ゲーム内でのガチャなど色々なことに利用することができます。詳細はここでは触れませんが、使い道はたくさん合って需要と供給のバランスを図られています。

自分なりの戦略を立てて、お金を稼いでいきましょう。

稼いだゲーム内トークンを日本円にしよう

最後に稼いだSLFTを日本円に変換して利確完了とします。基本的には、Spendingにお金をチャージするまでの手順を逆からなぞるだけです。

  1. 稼いだSLFTをspendingからwalletに移す
  2. walletでSLFTをAVAXに両替する
  3. AVAXをBitbankに送る
  4. Bitbankにて、AVAXをJPYに両替して利確完了!

この手順の 2. SLFTをAVAXに両替するところを以下に表示しています。両替はwalletで行う必要があるということを覚えておいてください。簡単ですね!

spendingでSLFTを選択
walletに送る画面になります
Tradeで両替できます
この画面で両替完了です

まとめ

以上、SleeFiの始めかた、稼ぎかたをざっくり紹介しました。難しいところは省略しているので、だいたいこんな感じなんだなというイメージが伝われば嬉しいです。

分からないことがあればdiscordで質問いただければ誰かしら答えてくれると思いますので、気楽にdiscordに遊びにきてください😊

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

関連記事

ベッドの値段を入力することで、原資回収までの日数をシミュレーションする記事です。

ベッドパラメータごとのEarnをシミュレーションする記事です。パラメータ振りの最適化も可能です。

SleeFi

Posted by soya